入居前に戻す必要はない|原状復帰とされる範囲を確認

男女

マンションを快適な状態に

エレベーター

マンションの老朽化が進んできた時に、大規模修繕工事を行うのは良い方法です。そのために良い専門業者を探しているのならば、專門の一括見積もりサービスを利用してみることをオススメします。コストパフォーマンスに優れた大規模修繕工事をしてもらうことができて便利です。

詳しくはこちら

大規模な修繕をする前に

お店

大規模修繕をスムーズに行うためにも、見積もり額や現地調査の結果で説得力を持たせるのは大切です。それには相見積もりをとって、いろんな業者から意見を集める事が重要になります。比較サイトを利用する事で、業者選定がスムーズにできる可能性が高まります。

詳しくはこちら

不動産賃貸のルール

2人の男性

原状回復なび

現状回復の工事に対応している業者はここです。物件の状態を整えたいという場合に活躍するサービスですよ。

不動産賃貸の重要な事

不動産を賃貸し退去する際に決められているルールの中に、原状復帰がありますが正しく理解する事で退去時に支払う費用を抑える事が出来ます。原状復帰の言葉から、入居前の状態に戻すという事と勘違いする人も多く不動産屋の言いなりになって高額の退去費用を支払わされる人も多くいます。入居する前と退去する際では、経過した年数が違うので自然と老朽化する箇所もあり、それらをすべて元の姿に戻す必要はないのです。クロスなどは人が住んでいてもいなくても色が変化し、冷蔵庫の置き場所やエアコンの設置個所などは自然と色が変化してくる為、それらは経年劣化として判断されます。もしも退去の際にそれらの修繕費を請求されるような事があれば、契約内容を確認する必要があります。

契約内容を確認する

原状復帰をしなくてはいけない範囲と、経年劣化として判断される範囲は契約内容によって違ってくることがあります。ペット禁止の賃貸物件で、貸主に内緒でペットを飼っていてクロスや床などを傷つけてしまった時には、本来経年劣化として判断される事が契約書に記載されていても費用を請求される事があります。また喫煙などによって壁紙の色が変化してしまったり、子供の落書きであったりと自然には起こりにくい事象で取替えが必要になった時には、費用を請求される事があります。契約書には、賃借人の故意過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗の場合などを原状復帰することなどと難しく書かれている事が多く理解しにくい為、契約書を交わす時にはきちんと理化した上で契約する事が重要です。

オーナー自らの理解が大切

ヘルメットを持つ作業員

不動産投資用物件の借り主が退去する際に発生する現状復帰に際して、不必要なコストや無用な係争を生じさせないための予防策として、現状復帰の対応を管理会社に一任するのではなく、オーナー自らが国土交通省が設定した原状回復ガイドラインの内容を把握して、管理会社に対するチェックを有効に機能させることが大切です。

詳しくはこちら